*All archives* |  *Admin*

≪03  2017/04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  05≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-21(Tue)

専門家に分かる事なんかたかが知れている

私は、一応「先生」と呼ばれる類の仕事をしていて、今も、仕事に復帰する事を念頭に、専門の勉強は続けている訳です。
そんな私でも、広い業務について、なんでも知っているという領域には、全然達せない。
それどころか、あまりに専門分野が変化するので、専門家としてキャッチアップしていくことに精いっぱい。

・・・で、気がついてしまった訳ですよ。
医者もその程度だってことに。

この度、ステロイドの減量で症状が抑えきれなくなってきて、

・指先が内側から割れる
・ちょっと筋肉がこわばる
・ものすんごい疲れる

という諸症状が出てきたのですが、おなじみの関節炎が全く出てこない。なので、「プレドニンで症状がこれは抑えられているのね」と思っていたのですが・・・

・軽く関節に負担があると、もんのすごく腫れて、水が溜まる

という症状が出ました。メッチャクチャ痛いがな。
実は先日指を痛めた時にもそうなったのだけど、足首を捻って、同じものだとようやく気が付きました。

反省:整形外科に行くだけ無駄→シップで対応可能
   関節に負担がかからないように注意しよう
2010-12-20(Mon)

2010年12月20日通院

08年5月23日 CK1102
08年5月26日 KL-6 517
     (レントゲンは影なし、ベルクロ音あり、肺CTわずかに影あり)
08年6月4日 プレドニン50ミリ/日開始
08年6月6日 CK342
08年7月1日 CK66
     (肺CT間質性肺炎の痕跡あり、炎症はなし)
08年7月3日 プレドニン40ミリ/日開始
08年7月8日 CK48
08年7月15日 CK34 KL-6は320くらい
08年7月17日プレドニン35ミリ/日開始
08年7月22日 CK32
08年7月29日 CK27
08年7月31日プレドニン30ミリ/日開始、退院
08年8月18日 CK24
        プレドニン27.5ミリ/日開始
08年9月8日プレドニン25ミリ/日開始
08年9月29日 CK21 KL-6 190
        プレドニン22.5ミリ/日開始
08年10月21日プレドニン20ミリ/日開始
08年11月10日CK28
         プレドニン17.5ミリ/日開始
08年12月8日CK25 KL-6 192
        プレドニン15ミリ/日開始
09年1月6日プレドニン14ミリ/日開始
09年2月2日 CK25
        プレドニン13ミリ/日開始
09年3月2日プレドニン12ミリ/日開始
09年3月30日CK44 ※子供と遊びすぎて口唇ヘルペスが出来ていた
        プレドニン11ミリ/日開始
09年4月28日プレドニン10ミリ/日開始
09年5月25日CK38
        プレドニン10ミリ/日とプレドニン9ミリ/日を交互に
09年8月3日 CK41
        プレドニン9ミリ/日開始
09年9月28日CK52
        プレドニン9ミリ/日とプレドニン8ミリ/日を交互に
09年11月8日プレドニン8ミリ/日開始
09年12月7日CK54
        プレドニン8ミリ/日とプレドニン7ミリ/日を交互に
10年1月11日   プレドニン7ミリ/日開始
10年2月15日CK50
        プレドニン7ミリ/日とプレドニン6ミリ/日を交互に
10年3月22日プレドニン6ミリ/日開始
10年4月26日CK51
        プレドニン6ミリ/日とプレドニン5ミリ/日を交互に
10年5月31日 プレドニン5ミリ/日開始
10年7月5日 CK90
        プレドニン5ミリ/日とプレドニン4ミリ/日を交互に
10年8月10日 プレドニン4ミリ/日
10年9月13日 CK324
10年11月22日CK809
        プレドニン10ミリ/日
10年12月20日CK962
        プレドニン15ミリ/日(とりあえず上昇幅が減ったので、これで数字が下がる事を祈る)
2010-11-25(Thu)

10年11月22日通院

08年5月23日 CK1102
08年5月26日 KL-6 517
     (レントゲンは影なし、ベルクロ音あり、肺CTわずかに影あり)
08年6月4日 プレドニン50ミリ/日開始
08年6月6日 CK342
08年7月1日 CK66
     (肺CT間質性肺炎の痕跡あり、炎症はなし)
08年7月3日 プレドニン40ミリ/日開始
08年7月8日 CK48
08年7月15日 CK34 KL-6は320くらい
08年7月17日プレドニン35ミリ/日開始
08年7月22日 CK32
08年7月29日 CK27
08年7月31日プレドニン30ミリ/日開始、退院
08年8月18日 CK24
        プレドニン27.5ミリ/日開始
08年9月8日プレドニン25ミリ/日開始
08年9月29日 CK21 KL-6 190
        プレドニン22.5ミリ/日開始
08年10月21日プレドニン20ミリ/日開始
08年11月10日CK28
         プレドニン17.5ミリ/日開始
08年12月8日CK25 KL-6 192
        プレドニン15ミリ/日開始
09年1月6日プレドニン14ミリ/日開始
09年2月2日 CK25
        プレドニン13ミリ/日開始
09年3月2日プレドニン12ミリ/日開始
09年3月30日CK44 ※子供と遊びすぎて口唇ヘルペスが出来ていた
        プレドニン11ミリ/日開始
09年4月28日プレドニン10ミリ/日開始
09年5月25日CK38
        プレドニン10ミリ/日とプレドニン9ミリ/日を交互に
09年8月3日 CK41
        プレドニン9ミリ/日開始
09年9月28日CK52
        プレドニン9ミリ/日とプレドニン8ミリ/日を交互に
09年11月8日プレドニン8ミリ/日開始
09年12月7日CK54
        プレドニン8ミリ/日とプレドニン7ミリ/日を交互に
10年1月11日   プレドニン7ミリ/日開始
10年2月15日CK50
        プレドニン7ミリ/日とプレドニン6ミリ/日を交互に
10年3月22日プレドニン6ミリ/日開始
10年4月26日CK51
        プレドニン6ミリ/日とプレドニン5ミリ/日を交互に
10年5月31日 プレドニン5ミリ/日開始
10年7月5日 CK90
        プレドニン5ミリ/日とプレドニン4ミリ/日を交互に
10年8月10日 プレドニン4ミリ/日
10年9月13日 CK324
10年11月22日CK809
        プレドニン10ミリ/日に(涙)
2010-10-26(Tue)

何もしないと好調、あんど、中学受験の志望校について

8月は家の小学生が日中家にいるので身体が休まらず
9月・・小学校の行事のお手伝いがあり、意外に休めず(CK大アップ判明)
10月・・小学校行事が本格化し、もっと休めず

・・結果、指先が割れる割れる

仕方ないので、学校行事が無い時は
1)ずっと寝ている
2)手にハンドクリームを塗りまくり

この二つを励行すると、手がピカピカで、体調もいい。

ん~でも、それって、私はステロイドを今の量(4ミリ)に保ちたければ何もするなということだろうか?
え~。小学生が中学校受験終わるまでは我慢するけど、終わったらまた仕事した~い!!

全然体調とは関係ない余談ですが、子供の進学先を考えるにあたっても、普通のご家庭では考えない事を考慮しないといけないのが心苦しい。
朝8時に始まる学校→旦那さん「君が体調悪くなったら誰も起こせないよ~無理だよ」
通学に1時間半かかる学校→旦那さん「上に同じ!無理!」
購買部にパンも売っていない、完全お弁当の学校→私「え、私が入院したら誰がお弁当作るの~!その学校は却下!」

・・・母が病気もちだと、「近い」「始業時刻が早過ぎない」「あれば中学も学食、可能ならお弁当が注文可能、駄目ならせめてパンが校内で買える・・!」というのが結構なポイントになってくるようです・・・
2010-09-15(Wed)

夏休み大反省日記

この2年間、ず~っと右肩下がりでCKが推移していました。

で、その間の私の行動。

1)毎日数時間は昼寝
2)スポーツクラブに行くか散歩。1年前からゴルフスクールなんて入ってみた

そして、記録の通り、CKが20台だったので、『あら、ひょっとして、あたくしもう完全に元通り?ホホホ・・』と思っていたのですがね。

多分、5ミリ/日から、少々しんどいなあ、と感じる事が増えた気がします。
で、この夏は。

1)旦那さんが寝るまで起きて待ってあげていた(毎日午前1時くらい)
2)朝は6時くらいに起きた(=睡眠時間が一日5時間くらい)
3)小学生はつきっきりで見てあげないと自分で勉強しない(=昼寝出来ない)
4)小学生が塾の無い日は色々遊びに連れて行ってあげた(=沢山動いたうえに昼寝出来ない)

・・・・まあ、過労だったんでしょうね。
CKが大上昇。担当医が、肺の音を聞く聞く。(私は間質性肺炎がある)

ちなみに、以前の担当医の見立てでは、『出た順に再発する』。
これが本当なら、関節可動域に支障が出る→身体こわばる→筋肉(心筋)がちょっとやばくなる→間質性肺炎、の順だからね。まあ別に、それを実体験したい訳ではないので、大人しくしています。

そして、プレドニンの再減量を目指します・・!
プロフィール

やまもちゃん

Author:やまもちゃん
大阪万博の年生まれ。
おひつじ座A型。
暑苦しいほどの努力家(らしい)
新人患者は、「食事に気をつけると再発しにくい」に縋って、食生活を変えようと思っています。(いや、今までが・・)

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
BMI・肥満度チェッカー(ピンク色)
BMI・肥満度チェッカー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。