*All archives* |  *Admin*

≪05  2017/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-19(Sat)

睡眠薬のこと

入院前に人様のブログを見ていると、『耳栓』『睡眠薬』が頻繁に出てくるので、眠れないんだろうな、と想像はついていた。

しかし、想像が付いても、実際に体験すると、辛さが違う。
眠れないと、地獄のように、夜が長い。
小さいことが気になって(他人の音・自分の尿意・便秘感)入眠出来ないことが辛い。
昼寝もうまく出来ない。
(間の悪いことに、同室のお婆さんに看護学校の生徒さんが実習についてしまい、朝から夕方まで話し相手として座っており、夕方に学生さんが去ると家族が話し相手で座っていたため・・・ずうっとしゃべり声が聞こえている環境だったので。)
50ミリが始まって、最初の3日でもう地獄。

マイスリーでは3時間しか眠れず。
レンドルミン+漢方薬でステロイドの副作用全般が劇的に改善。
(しかも、トーキングお婆さんも去った)

なので、「もうステロイド40ミリだし、睡眠薬も軽い方に戻そうかしら」とマイスリー+漢方薬にしたところ。2日で目の焦点が合わなくなった。そして…眼振が出た。更に、めまいがする羽目に。

レンドルミンは副作用で筋緊張を取り過ぎてしまうため、夜にトイレに行く時に昏倒する恐れがあるらしい。だが、担当医の見立てでは、プレドニンの副作用で筋緊張が出ることが多いので、筋炎患者には、筋緊張が取れる分、マイスリーよりレンドルミンの方が好ましい、とのこと。

少なくとも、自分については、レンドルミンを使った方が、ずっと良かった。
ステロイド50ミリ:レンドルミン1錠
ステロイド40ミリ:レンドルミン1/2錠
ステロイド35ミリ:レンドルミン1/4錠
を飲んでいる。

1/4なら、もういらないのかもしれないけれど、30ミリになるまでは、念のため飲んでおこうと思う。



スポンサーサイト
2008-07-17(Thu)

食生活の改善の大切さ

私は決して太ってはいない。どちらかと言うと、食の細いガリガリさんで通っていた。
・・・社会人になる前は。
社会人になって以来、人のお金で食事をすることが多く、食べたように見えるもの(メインの肉類)を主に食べるようにしてきた(御馳走して貰っているのにバンバン残せない・・)。

その結果。

08年1月の健康診断
総コレステロール 234
LDLコレステロール(悪玉) 165
HDLコレステロール(善玉) 47

という、ちょっとよろしくない状態になっていた。
しかも今回はステロイドを大量に摂取する訳で。ドキドキしていたところ。

08年7月15日検査
総コレステロール 246
HDLコレステロール(善玉) 71
・・・ってことは、LDLコレステロールは、減ったってことですか?

自宅より炭水化物を増やし、肉を3分の1ぐらいにして、魚の回数を増やし、間食を止めたら(チョコレート絶ちとも・・)、もちろん総カロリーが減ったのが大きいんでしょうが食生活を改善すると、数値がこんなに変わるんですね。

びっくりです。
何より、減る一方だったHDLコレステロールが増えたのが衝撃的。
食事って、本当に大切・・

2008-07-11(Fri)

入院中の運動

関節炎が主症状であり、筋炎が非常に弱かったため、参考になるかたがあまりいないかもしれませんが。

プレドニンが物凄く効き、関節炎も2週間でほぼ収まりました。
じっとしていると、体もなまるので、運動したい。

しかし、担当医が『ステロイドを服用すると、精神が高揚するから、「ちょっと動いていいよ」というと、偉くハードに動くから怖いんだよね~』と茶化されたため、ゆっくり動くことを決意。

ゆ~っくり、ゆ~っくり、足を動かす。
体重が一歩づつ足に乗っかり、結構負担。これって、担当医の求める有酸素運動に該当している?

自信はないけど、ラジオを効きながら練り歩き。30分から60分程度。
場所は、病院の1階。おかげで、夜がまとめて寝られます。
2008-07-09(Wed)

入院中に、甘いもの食べたい!

背丈の関係で、食事は毎日1500キロカロリーです。
ステロイドの副作用で糖尿病・高脂血症が想定されるので、間食は禁止です。

相当辛かったのですが、担当医から神のささやきが。

『キシリトールは、インシュリンに関係ないし、少しなら取ってもいいですよ』

そこで、どうしても空腹のときに食べた物。

ロッテ しまじろう キシリトール タブレット
キシリトールのガム

・・甘味が、五臓六腑に染みわたります。
2008-07-07(Mon)

食欲と食事管理

大学卒業時43キロ
結婚時45キロ
入院直前48キロ

・・と順調に右肩上がりの成長を遂げつつある私ですが、今回生まれて初めてダイエットに成功したことになります。
要因は、病院の食事制限です。1日1500キロカロリー。
今は45キロちょうどです。面会に来た夫は、『僕はこれぐらいでいいと思うから、是非帰ってからもこの体重を維持しなさい』と大喜びです。

うー。

でも、入院前は、総コレステロールが正常値だけど高め、悪玉コレステロールが善玉の4倍、と食事に改善が必要だね、と言う話はしていたのです。
そうしたら、病院食のみの食事で、間食を一切やめてたら・・・ステロイドを50ミリ服用しているのに、総コレステロールが下がったんですよ!

夫に報告したところ・・『やっぱりおやつ食べ過ぎが大きいよね。あなたは、僕の見る限り、砂糖をチョコを、この10年で、僕の一生分より食べている』
ぐへっ。否定の余地がありません。

ステロイド50ミリを飲んでいるときは、『食事を我慢しなくちゃ』と言うこと自体が苦しくてたまりませんでしたが、40ミリグラムに減ったせいなのか、今は『カロリーいくつかな』が目につくようになりました。

『魚中心・粗食で困ることなんて何もないしね~。』と夫が笑っています。
今まで仕事一本やりだったので、決して料理はうまくないですが、退院後むけて、勉強中です。
プロフィール

やまもちゃん

Author:やまもちゃん
大阪万博の年生まれ。
おひつじ座A型。
暑苦しいほどの努力家(らしい)
新人患者は、「食事に気をつけると再発しにくい」に縋って、食生活を変えようと思っています。(いや、今までが・・)

カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
BMI・肥満度チェッカー(ピンク色)
BMI・肥満度チェッカー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。